WordPress プラグイン制作 その3

(1) form内に、編集しpostするためのinputタグを作ります。

<form method="post" action="<?php echo str_replace('%7E', '~', $_SERVER['REQUEST_URI']); ?>">
  <ul>
    <li>行番号:<input disabled type="text" id="disp_id" size="3" />
        <input type="hidden" id="id" name="id" /></li>
    <li>氏名:<input type="text" id="name" name="name" /></li>
    <li>年令:<input type="text" id="age" name="age" size="3" /></li>
    <li>社員番号:<input type="text" id="employee_no" name="employee_no" /></li>
  </ul>
  <div>
    <input type="radio" id="edit" value="1" name="radio" />
    <Label for="edit">更新</Label>
     
    <input type="radio" id="add" value="2" name="radio" />
    <Label for="add">追加</Label>
     
    <input type="radio" id="delete" value="3" name="radio" />
    <Label for="delete">削除</Label>
     
    <input type="submit" name="submit" value="実行" />
    <input type="button" value="クリア" onclick="clear_field();" />
  </div>
</form>

・field_copy() javascirtで、form内のinputにそれぞれコピーし適宜変更します。
・ラジオボタンで、更新、追加、削除をつけて、テーブル操作を指定します。
・post先は、この関数自身です。
m20110420-2

(2) postで呼ばれた時の処理を作ります。

<?php
$data = array();
 
//POSTデータの設定
foreach($_POST as $key => $val) {
  if(strcmp($key,'submit') && strcmp($key,'radio')) {
    $data += empty($val) ? array() : array($key=>$val);
  }
}
//実行ボタンを押した場合
if(!empty($data)) {
  〜実行ボタンを押してデータが渡されたときの処理〜
} ?>
<table>
  〜WordPress プラグイン制作 その2 (3)省略〜
</table>
<form>
  〜上記(1)省略〜
</form>

・postで渡されたデータ($_POST)を配列にして $dataにまとめます。(submitとradioは除く)
・$dataがある場合は、渡されたデータによりテーブルを更新します。

(3) テーブルを更新します

//実行ボタンを押した場合
if(!empty($data)) {  
  switch($_POST['radio']) {
    case 1: //更新
      $wpdb->update($table, $data, array('id'=>$data['id']));
      $message = "更新しました。";
      break;
    case 2: //追加
      unset($data['id']);
      $wpdb->insert($table, $data);
      $message = "追加しました。";
      break;
    case 3: //削除
      $wpdb->query($wpdb->prepare("DELETE FROM ". $table. " WHERE id = ". $data['id']));
      $message = "削除しました。";
      break;
    default:
      $message = "操作を指定して下さい。";
  }
}

・radioボタンの状態により、更新・追加・削除を行います。

※これまでのコードは、細かいところは省略して書いてますので、そのままでは動作しないです。大体こんな感じということで、理解して下さい。

1件のコメント

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください