クサガメの濾過装置を増強、庭を設置

家では、クサガメを飼っています。3匹。

  • 1匹は、ペットショップで小亀から飼育。
  • 1匹は、子どもの友達からの譲りガメ(飼育が面倒になったらしい)。
  • もう1匹は、いとこが海で捕まえた??

徐々に、飼育ケースが大きくなってきたんですが、ここ2年ほど特に夏場は水質の悪化が早く、小型のe-roka+1Lペットボトル濾過装置では、全然、間に合わなくなってきました。
(カメって、夏場はものすごい食欲で糞もいっぱいするんですよね。)

そこで、濾過装置を増強し、ついでにカメの庭まで作ってみました。
(卵らしきものを産んでいたようなので、陸地を作ってみた。オスはいないようだが・・・)

材料

  • 飼育ケース 120cm×35cmのプラスチックごみ箱ケース(結構大きい)
  • e-rolaの高い濾過装置(PF-701)、毎分9.5Lすごい!
  • e-rolaに、ジャストフィットで接続できるホース1m購入(ムサシで量り売り)
  • プランター 飼育ケースにぴったりはまるもの
  • 小石、軽石
  • ブロック・レンガ(飼育ケースに入れて足場にする)

※ごみ箱ケースとe-loka高い濾過装置の二つで、6000円程度。その他は、それぞれ数百円。総額、7000円程度か。

制作要領

  1. 飼育ケースの横に、カメが通れるトンネルを空ける。(半田ごてで、溶かして空けた)
  2. トンネルを空けた先に、庭を作る。小石を敷いてカメが土で汚れないようにした。
  3. プランターを飼育ケースにはめて、軽石を入れる。e-rokaに、サイズの合うホースをつけて、プランターの横に半田ごてで、穴を開けホースを通す。
  4. プランターの水がオーバフローするのに対処するため、プランター横上に小さな穴を5つ程度開ける。(もちろん、半田ごてでね)

m201007262m201007264m201007261m201007263

.

今のところ、濾過装置はバッチリのようです。
プランターに入れた軽石にヒタヒタになる程度に水位がくるので、バクテリアも繁殖するのでは?
(ここに、水生植物または水生生物を入れてることも可能?)

あと、水替えも楽になったかも。水を捨てる場合は、ホースを外に出すだけ。そして、プランターに水を注ぐのみ。

せっかく作った庭には、なかなか上がってくれません。なんだか、ビビッているようです。
そのうち、慣れるかな?

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください