第9地区

今日、GW暇にしていた息子と第9地区を見に行きました。
PG12だったんですが、さすがにちょっとグロかった。

PG12は正しい!
(しかし、昔、子どもがマンガで見ていた、北斗の拳の爆裂シーンと大差ないか・・・)

また、そういえば字幕だったし、大丈夫だったか?
・・・と思いもしたが、入ってしまったものは仕方がない・・・。


感想としては、善し悪しは別にして、素直に面白かったです。

この映画を観て、ふと強く思ったことは、本当は現実って何でもありなんじゃないかってことでした。一瞬、今の現実を疑ってしまった・・・。世の中、常識やルールってオブラードで包まれてますが、実は・・・。

いや、現実ってのは、「自分が強く望むこと」と、他との関係性の中では「その望みが激突したり合致したりすること」で、形作られるものだと思い直した次第です。

映画自体のストーリーは滑稽でもあり、人間的に考えるとつじつまが合わないところがあるんですが、現実って本当はそんなもんだし、何たって人間の思考を飛び越えた宇宙人との話しですから・・・。

猫缶ほしさに、強力な武器を売るってのも、価値観の問題ですもんね。第9地区自体も、彼らにしてみれば、パラダイスって思ってるかもしれないし。大体、人口増えてるって事は、過ごしやすいんじゃない?

家で、買ってる亀さんの気持ちなんか分からーん。しゃべれないけどね。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください