MacBookの修理

うちの娘が持っているMacBookが壊れたので、修理の電話をしたらビックリ!
一応、新潟の「アップル正規サービスプロバイダ」ウ○○○○○という会社に、修理いくら程度か電話しました。

電話したらMacBookのシリアル番号教えてと言われ、「手元にない」といったら、受付できないとのこと。「大体どくらい費用がかかるか?」と聞いても、答えられないそうです。コールセンターのマニュアル的対応・・・・。

ホームページに、「シリアル番号必要!」と書いとけーー!
ふ~。

嫁さんにMacの裏をスマホで映してもらい、シリアル番号をメッセージで送ってもらって再度電話。シリアル番号を教えたあとに、折り返し連絡がきた。

壊れた原因(キーボードにお茶をこぼした)を言うと、濡れたところはすべて交換したほうが良いとのことで、最低でもロジックボート、キーボードは交換になるとのこと。

そんでビックリ!、ロジックボード11万強、キーボード1万ちょっと、その他もろもろあると20万ぐらいになると言われた!同程度のMacBookを新品で買うより高い!

思わず、「はははっ、新品買えってことですね。」と笑いました。

いやー、これなら修理といいつつ新品買って送るって商売もありかな?
中学生でもできるぜ。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください