最近のペットショップ業界

今日、ペットショップに立ち寄ってみた。

柴犬、チワワ、ポメラニアンなど、久しぶりに人間以外の生き物(哺乳類)を間近に見て不思議な感覚。店員と話をして、最近の犬猫事情の変わりようにビックリ!

・犬は(大型犬でも)家の中で飼う。(そういえば、外に犬小屋のある家は最近見てなかった・・・)
・購入した直後の死亡に備えた保険がある。
・病気怪我に備えて健康保険のようなものがある。
・首のうしろに、マイクロチップを埋め込む。

犬猫を飼われている方は既に常識なのかもしれないが、聞いてビックリしました。マイクロチップって何?ネットで調べると、なるほど。でも、ドロドロした業界の闇も垣間見られる。 

気軽に、動物と戯れる時代も終わったね。

命を軽んじているという意味ではなく、既に人間の生活臭がまとわりついたような息苦しさ。人と同じくして、異物のつながりは失われている。例えるなら、ETのような新鮮さや絆、そしてリスペクトがない。

こりゃー近い将来、ありがちなSF「人間もおぎゃーと生まれたらマイクロチップ埋め込まれる時代が来る」という実感が湧き起こりましたよ。

・本人確認(空港などでの出入国)
・脱税防止
・孤独死対策
・徘徊、迷子 ・・・

なんだかんだ理由をつけて、そうなる日もあり得るかもと思った。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください