働くという価値観

最近、古き良き江戸末期~明治に関する本を2冊読んだ。今の私は確かに日本人だという感覚はあるけれども、この本に垣間見られる日本人の価値観はもう持ち合わせていない。当時の日本に対し西洋人と同じような驚きを感じる限り、外的な価値観が相当な厚みをもって降り重なり形成されていると自覚した。著書の言う日本文明の滅亡という表現も正しいのかもしれない。

働くという価値観も今とはかなり違う。昔には戻れないが、もっと豊かに楽しむ工夫が必要だと教えられた。最近知り合いに薦められたフィッシュという本にあるパイク・プレイス魚市場にも似た価値観があり、まだ私にあるであろう降り重なった底の資質を少し見直すべきだと知った。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください