最近の営業電話、どうなってるの

皆さん、ここ数年、頻繁に家に企業からの営業電話がかかってきませんか?不況なのか、電話攻勢が激しくなっているような気がします。

家の外壁(モニターに選ばれました!という電話)はもとより、子供がいるので塾・家庭教師など。しかし、何で子供がいることが分かる?個人情報漏れ漏れ・・・?

最近の流行は、営業電話なのに会社名を名乗らないところが増えてきた。特に、塾・家庭教師。「○○ですけど、お母さんいますか?」ってノリで電話してくる。知っている人かと、思わず嫁さんに取り次ぐと、実は営業電話とはじめて分かる。

嫁さんが、教育の決定権を握っているということに対する戦略かもしれないが、これは酷過ぎない? 確かに、嫁さんも子供に「塾・家庭教師の電話だったら、お母さん居ないって言ってね。」と躾けているが・・・。

今日、オレが電話取ったら「長谷川ですけど、お母さん居ますか?」
嫁さんの知り合いと思い、「居ないです。下の子の空手塾でいないよ」

相手:「そうですか。中学生のお子様、塾に通われてますか?」
オレ:「?、はあ。通ってます。」
相手:「そうですか。塾に通って成績が上がらない方や、成績が上がってもモット上げたいと思われている方のために、家庭教師をお勧めしています。」
オレ:「はあ。いや、必要ないです。」
相手:「そうですか。どのような理由で必要ないと思われていますか?」
オレ:「・・・・・。いや、必要ないんで。ガチャン。」

ちょうど、塾に通ってもイマイチ成績の上がらん息子に数学を教えている時に、こんな電話がかかってきて、ムカついて電話を切った。

会社名を名乗らず、知り合いを装って一方的に売り込むなんて言語道断。(しかも、何で中学の息子が居ると知ってる?)

なんだか、世知辛くなってきたね。サービス業も大変な時代に突入している感があります。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください