WordPressで関数を作る時の注意点

今やメジャーなCMSとなったWordPress。テーマをいじったり関数やプラグインを作ったりすることも多いかと思いますが、Wordpressサイト構築の際に気を付けたいことを覚書的に記載します。

1. 開発時はデバックを有効にする
・config.phpに、デバックを有効にする定数があります。これを有効にしましょう。

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境において
 * この WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 */

define('WP_DEBUG', true);
.

・前のWordpressバージョンからアップデートして使っている場合、DEBUG定数はないかもしれないので追加します。

2. テーマファイルに余計な空白行は入れない
・header.phpやfunction.phpなどで余計な空白を入れると、ダッシュボードが真っ白になったり動かなくなることがありました。

(空白行)
<?php function test() { ?>
  <p>test</p>
<?php } ?>
(空白行)
<?php
   続きの関数
  ・
  ・
  ・

以上です。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください