Poeditのカタログ作成

・新規にpoファイルを作る場合、自分のローカルに翻訳したいものをディレクトリごと持ってくる。
・Poeditの新規カタログ作成で、下記のように設定してpoファイルを新規に作成する。

(1) 情報を設定
PoEditその1

(2) 翻訳したいディレクトリを指定
・ベースに、翻訳したいディレクトリを指定する。
・パスは、ベースからの相対パスを設定する。サーバ側に戻した場合、相対パス以下のファイルが翻訳対象となる。
PoEditその2

(3) 翻訳キーワード
・PHPでは、【__】アンダーバー・アンダーバー、【_e】アンダーバー、e、を追加する。
PoEditその3

(4) WordPress
・PHPファイルでは、翻訳したい場所に下記のように記載
<p class=”nocomments”><?php _e( ‘Edit’, ‘trans’); ?></p>

・functions.phpに、翻訳ファイルを使用することを記載
load_theme_textdomain(‘trans’);

※参考 iDeasilo

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください