さくらのfml 空メールによる自動登録の設定

メーリングリストの設定ファイル config.fh に関する説明を参考にしました。
http://linux.kororo.jp/cont/server/config_ph.php

(1) メンバー以外が、メールを出したときに、自動登録処理を行う。

# ### Section: Mailing List Policy
$REJECT_POST_HANDLER = "auto_subscribe";


(2) 本文にキーワード(通常subscribe、数字9999とかすればパスワード的にも利用可能?)を入れてもらい登録する。登録者のメールアドレスは、キーワードの後に入れてもらう必要なし。

# ### Section: Automatic Registration
$AUTO_REGISTRATION_TYPE = "body";
$AUTO_REGISTRATION_KEYWORD  = "9999";
$CONFIRMATION_SUBSCRIBE_NEED_YOUR_NAME = 1;


(3) 登録したらwelcomeメッセージを出す。登録完了通知のwelcomeメッセージファイルと登録できなかった場合の通知をそれなりに編集する。
・登録完了通知 ・・・welcome
・登録できなかった場合の通知・・・deny

# ### Section: Automatic Registration
$WELCOME_FILE = "$DIR/welcome";


(4) 登録する先を配信先(actives)、投稿者(members)を選択。両方は、この行をコメントアウトのまま。

# ### Section: Automatic Registration
$FILE_TO_REGIST = "$DIR/members";

※activesには無条件で登録されるようだ。上記指定では、結局、両方に登録される。
※実在するファイル名を指定すると、そこにも登録される。
例えば、$DIR/actives ⇒ activesのみ登録。(activeに同じメアドが2つ登録される)
例えば、$DIR/test  ⇒ actives、testに登録。(これにすれば、membersには登録されない?でも、testも配送先になってしまう。)

(5) 自動登録と手動登録の違い
・自動登録の場合は、activesに登録された人が、投稿と配信先になる。
・手動登録の場合は、membersが投稿者、activesが配信先で同一ではない。

(6) 自動登録で、membersが投稿者、activesが配信者にしたい場合

4.4	ポストできる人は制限したいが、配送される人は自動登録したい場合

$REJECT_COMMAND_HANDLER には特殊な auto_asymmetric_regist という値があ
ります。これは配送と認証のリストを非対称に使う時に使います。ただし
elena-ctl を使うことを前提としています。

	elena/actives	MLの配送のリスト(自動登録に使う)
	elena/members	MLの認証に使うリスト(手動登録)
			(MLに投稿できる人のリスト)

つまり、$REJECT_POST_HANDLER で設定せず、$REJECT_COMMAND_HANDLERで、”auto_asymmetric_regist”を設定する。当然、登録先は、ML名-ctl@~~~~~となる。
※反対はないみたいね。(ポストできる人を自動登録し、配送される人を制限する)

以上です。


思わず買ってしまいました。かなり参考になります。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください