WindowsXPサポート終了。CPU交換ノートパソコン延命!

5年ほど前に購入したM730SRノートパソコン。
当時の廉価版。キーボードがちゃちくて、「O」のキーが取れそう。
clevo_m730sr

パソコンスペックは、Intel Celeron M550 (2.0GHz)。もちろん、WindowsXPです。
cpu01

WindowsXPのサポート終了に備えて、何とか延命を期待してWindows8に切り替えることにチャレンジ。インストールするも、やはり所詮1コアのCeleron。Windows8を入れると、カクカクした動きでどうにも・・・。

Windows8は、Dualコアであれば性能を遺憾なく発揮すると思われるので、Intel Core Duoに換装することに。ネットで調べつつYahooオクでT7700(2.4Ghz)をゲット!

ノートパソコンの裏を開けて、CPUを入れ替える。SocketP仕様のようだ。
(実はT7700をGetする前に、T7200をYahooオクで入手したがSocket違いで嵌らず・・・)
写真 2

T7700に換装後、見事に起動しました!
Windows8でも問題なくキビキビした動きに生まれ変わりました。
cpu02

しかし、CPU温度が70°C~90°Cと前後する!
パソコンショップに走ってシリコングリスを購入し塗り直し。どうにか、50°C~70°Cと何とか持ちこたえてます。

※ドスパラ行ったときに売っていた中古ノートパソコン。2万円台で Core Duo系もあった。
「これにWindows8入れても十分使えるんじゃね。」・・・と思ってしまう。

コメントを残す

役立つ
面白い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください